UVカットフィルムを使うと紫外線も全然怖くないのです!

Glass Film

UVカットフィルムをどうして貼るのか

オフィス街

UVカットフィルムというのがありますが、どうしてそんなことをするのか、といいますと基本的に紫外線というのは浴びすぎることにメリットがないからです。日常的に確実に浴びてしまう物ですから、家の中にいる時くらいはカットできるようにUVカットフィルムを窓に貼ることがお勧め出来るわけです。
これは基本的にお勧めできますし、費用がかかりますが貼るメリットはあります。但し、さすがに厳しいこともあります。それはUVカットフィルムのカット率です。今ではかなりカット率が高くなっているのは確かですが、それでも100パーセントではないです。限りなく、それに近いことはありますが、それでも全部カットできているわけではないので注意しておいたほうが良いでしょう。ちなみにこうたUVカットフィルムは何処で買うのか、といいますと普通にホームセンターなどで販売されていますから、上手く良い物を購入できるように事前に事前に調べてからいくとよいでしょう。
或いはインターネットで買うこともできます。それとフィルムですから多少暗くなってしまう、というネックが昔はよくありましたが今ではそうではなくなっています。随分と透明度が高いUVカットフィルムが増えていますから、基本的に室内を暗くしないようにできます。

UVカットフィルムはどんな効果?

「UVカットフィルム」というと年々強くなってくる紫外線対策のイメージがあります。
多少の紫外線は健康に必要ですが、強すぎる紫外線は健康に悪影響なのはもちろん、色々な「物」を溶かしたり焼いたり色褪せをさせたりしてしまうのです。
そんなときに役に立つのが、UVカットフィルムです。UVカットフィルムは窓ガラスに貼るだけで色々な効力を発揮してくれます。
まずは「有害な紫外線対策」です。紫外線はシミやしわの原因となり老化の90%は紫外線から起こるのです。更に白内障や皮膚がんの原因にもなっています。「褪色劣化防止」は家のなかにある家具や床を紫外線から守ってくれます。
「防災」に関しては嵐や地震などで窓ガラスが割れた際の飛散防止にも繋がります。「防犯」では、フィルムが貼ってあることで窓ガラスが割れにくい為、空巣の侵入の妨げとなるのです。「防虫」は紫外線カットにより明るさがカットされるため虫が集りにくくなるのです。「省エネ対策」は遮熱効果と断熱効果があるので夏は涼しく、冬は暖かいという快適な空間を保てるのです。
UVカットフィルムは自分で購入して貼ることも可能ですが、プロに頼むと質を選べて綺麗に貼ってもらえます。会社によっては後日のメンテナンスにも対応をしてくれます。1㎡あたり大体10,000円から15,000円が相場です。

UVカットフィルムを貼ることについて

家庭の窓ガラスからは太陽の光に含まれる紫外線が射し込んできます。特に太陽が低くなる夕方の西日は部屋に入り込む光の量も多くなり当然紫外線の量も増えます。夏に外出する時に日焼け止めなどを塗って紫外線の対策をしますが、実は屋内にいても紫外線には気を付けなければいけないのです。
そこで屋内の紫外線対策に効果を発揮するのがUVカットフィルムです。色々な種類のUVカットフィルムがありますが大体の物は99%の紫外線をカットしてくれます。また紫外線のカットの他にフィルムを貼ることによって室内の夏の冷房、冬の暖房の効果も高まります。飛来物での破損や外から家の中を見えずらくする事も可能でUVカットフィルムを貼ることによるメリットは沢山あります。このUVカットフィルムはネット通販でも買えますしホームセンターにも売っています。但しその様なところで求めた場合、自分で張り付けなければなりません。
自分で窓枠の寸法を計り、窓ガラスの種類を確かめ、綺麗な状態に張り付けるのはむずかしい作業になるでしょう。コストパフォーマンスは良いと思います。多少お金が掛かっても失敗せず綺麗に仕上げたいのであれば、業者に頼むのが一番です。こちらの条件にマッチしたUVカットフィルムを職人が綺麗に貼ってくれます。何軒かの業者に見積りを依頼した方がいいです。多くの業者の話を聞くことでこちらの知識も増えます。

INFORMATION

TOP